太陽光発電システム/J-PEC補助金認定機器メーカー/トップ・ランナー株式会社の最新情報ブログです

太陽光発電システムのコスト(産業用)

燃やさない文明太陽光発電システム

産業用のメガソーラーシステムのお話です。

環境問題はいまや、待ったなし。

広くビジネスになってCO2削減に繋がることは大変素晴らしいことです。

 
 
 

弊社グループの産業用太陽光発電システムもその一助を担っております。

 

スペース争奪戦激化

 実際、今、日本中の業者がメガソーラー用の土地探しに血眼になっている。当然、フラットでアクセスも容易な使い勝手の良い土地から順に使われていく。しかし、狭い日本ではそういう土地は急速に減り、かつ賃料が急騰している。そこで様々な場所を使う努力がなされている。

 埼玉県杉戸町では、町所有の未利用地であるスーパー堤防(木津内高規格堤防)を有効活用するという。大洪水の時にどうなるのかと心配ではあるが、意欲的な試みだ。実際に建設するのはメガソーラー建設で実績のある日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジーで、この発電所は「(仮称)埼玉・杉戸ソーラーウェイ」と呼ばれるという。

 また、熊本県では、三菱商事主導により地元企業が集結して空港にメガソーラーを建設することになった。熊本県の住宅向け太陽光発電システムの普及率は5.63%で、全国第2位(2010年度)。これから、メガソーラー設置にも力を入れていくようだ。引用記事

 

産業用の太陽光発電システムが環境負荷を減らす決定打となり、景気浮揚となって欲しいと思います。

 

産業用太陽光発電システムにご興味のある方はこちらへどうぞ。