太陽光発電システム/J-PEC補助金認定機器メーカー/トップ・ランナー株式会社の最新情報ブログです

地球温暖化でぜんそく患者が世界的に増えている

ぜんそく患者が世界で急増、2億人超えた WHOが地球温暖化の影響を指摘

引用記事です。

WHOの発表なのでかなり信ぴょう性がありそうです。

 
 

日本でも小中学生中心にぜんそくの割合急上昇

日本全国で見られるブタクサ
日本全国で見られるブタクサ

 

   ぜんそくを悪化させる原因は、ホコリやダニをはじめとする吸入性アレルゲンやストレス、大気汚染物質、タバコとさまざまだ。吸入性アレルゲンにはほかにも花粉、ペットの毛やフケ、昆虫などが挙げられる。

   文部科学省が実施している「学校保健統計調査」を見ると、2011年度のぜんそくの被患率は小学生が4.34%、中学生2.83%、幼稚園児2.79%となっている。1986年のデータでは小学生0.9%、中学生と幼稚園児は0.7%となっていた。この25年間でぜんそくの割合が飛躍的に拡大したことが分かる。

   世界でも同じ傾向がみられるようだ。

 

CO2が増え、植物由来のアレルゲンが多く飛散するということだそうです。

環境は、すべての物事が繋がっていることが分かります。

快適な生活は、安全性が最後まで求められる技術の上で成り立って欲しいと思います。

太陽光発電システムが、その一助となるはずと思います。