太陽光発電システム/J-PEC補助金認定機器メーカー/トップ・ランナー株式会社の最新情報ブログです

太陽光パネル陸屋根用「東濃ひのき木製架台」開発しました

木製架台太陽光発電システムパネル架台

このたび、トップ・ランナー株式会社は、太陽光パネルの架台を新開発いたしました。

 
 
 

ヒノキを使った木製架台です。

 

従来の鉄製架台は重量、金属錆など従来の陸屋根建物の保護を考えたときに問題がありました。

それを解決しましたのが、木製架台です。

 

 

太陽光パネル陸屋根用木製架台

 

重量は比重比較で鉄:木=17.7:1。

非常に軽い素材、それが木材です。陸屋根建物は防水などの表面処理を傷めないように軽い素材が求められます。

その適材が木材です。

 

軽くそして加工が容易、そして水、湿度、塩害に強い特性がございます。

 

工事事業者にとって、屋根作業の瑕疵は水漏れにつきます。

鉄骨素材と違い、軽く施工が容易なため、万が一の水漏れ時にも原因究明がしやすいのです。

 

最後に後処理の容易さについて。

環境負荷の低さは特筆ものです。

木材の再処理、または廃棄の容易さはご推察どおりです。

太陽光発電システムの生涯コストを考えた時、素晴らしい競争力を発揮してくれるはずです。

 

メリット

 

1、環境負荷が少ない

木材の軽さ、鋼板・防水ゴムを使った水処理で耐久性アップ

2、絶縁シートと独立架台で既設建物を傷めません!

アパート、マンションなどの既存施設に低コストで耐久性が高く安全な架台を設置できます。

 

トップ・ランナー株式会社ではこの太陽光発電システム木製架台の販売・代理店を募集しております。

お気軽にお問合せくださいませ。

 

トップ・ランナー株式会社代理店募集のご案内